職場でエクセルのVBAマクロが壊れた時

自分の場合、そそっかしいのでエクセルのVBAを組むとエラーをよく起こす。
マクロが噛み合ってしまって、エクセルが開けなくなってしまうのだ。

本来であれば環境を整えて、落ち着いて見直せば直せる。
けれど職場のPCへ勝手に何かをインストールするわけにもいかない。
そんな時は、windowsに備わっているエクセルの復元を使用。


やり方は簡単だ。
右クリックで上の赤線部分をクリック。


そのエクセルで自動的に復元ポイントが定まっている。
どの部分で間違えたかをよく見てから復元。


最後に復元してよいかの確認が出る。
会社で壊したマクロを会社で直すのなら選択肢が狭い。


数分経過後、以前の状態に戻った。
これは本当にただの応急処置だ。

実際にこの復元方法も曖昧なので、確実なのは・・・
・自己管理の範疇でバージョン別に保存する。
・更新前のファイルの更新後のファイルで分けて保存する。

こちらの方が無難だとは思う。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする