とある魔術の禁書目録 幻想収束

とある魔術の禁書目録 幻想収束
とある魔術の禁書目録のスマホゲームが、評判がいいのでプレイしてみた。
何年も前に軽く見たが、内容が複雑でwikiを調べていても情報を追いきれなかったシリーズだ。
主人公が女であろうと敵対していたらグーで殴る話だったのは覚えている。


そんなおぼろげな自分だったが、プレイするのであればⅢは見た方がいいと言われた。

久しぶりに見てみると映像のクオリティが高い。スピード感がある。
最後の夕日の雪原を走るロケーションは好きだ。

けれどストーリーは、ネットフリックスで一気見したが、また把握しきれなかった。
これが、外伝込みだと100話以上あるのだから把握しきれれば面白いのだとは思う。

上条 当麻
そんな折に主人公、上条 当麻の一番レア度が現状高い奴がガチャで出た。
能力モノなのに原作通りグーで物理的に殴る。
俗にいう男女平等パンチ。これが滅茶苦茶強い。

とある魔術の禁書目録 幻想収束
戦闘は3対3形式だ。
プレイしていてわかったが、主人公だけじゃなく基本殴った方が皆強い。
下手にゴーレム召喚したり、炎や雷を出したりするより、グーで殴った方が強い。

主人公も基本的に敵対している人間に説教するだけしてグーで殴る。
そして味方にする。敵対者が現れる。殴る。解決する。たまに仲間になる。
・・・素晴らしいサイクルだ。

確かにこれまでストーリーが、よくわからなかった。
ただ10年以上も敵対者を殴って解決している主人公が段々好きになってきた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする