スパルタカス


妻を救うためにローマへ奴隷として連行され、
そこで剣闘士となって、壮絶な戦いの日々に身を投じていく男の物語。

シーズン1は剣闘士と、奴隷の主が運営する養成所内の話。
どのように剣闘士が扱われて、叛逆に至るかまでが描かれている。

けれど、主演のアンディ・ホイットフィールドがシーズン1で亡くなり、
シーズン2以降から別の役者になる。

吹き替え版だと終始、小山力也氏なので、役柄に安定感はある。

シーズン3のスパルタカスIII ザ・ファイナルまであるが、
シーズン1の最後で養成所の奴隷たちが反乱を起こし、鮮血の元に話が終わる。


そこからの奴隷たちの反乱が酷い。

スパルタカス以外の剣闘士は皆勢いだけで戦い始めているので、
戦略と言うより数の暴力と鍛えられた剣技で、状況を<理矢理進めていく。

当然、兵站も兵数も減る事に対しての補填がないので、
正規軍に徐々に押し込められていく。

その間に広がるヒューマンドラマも楽しめればいいんだけど、
シーズン別でキャラクターの役者が変わっていたりして、「お前誰だ」状態になっている。

更には登場人物もすごい勢いでお亡くなりになるので、人物たちを
把握するのにちょっと大変だ。

それでも、ゲームとかだと、評価が低いスパルタカスことスパルタクスだが、
このドラマを見ていると、どちらかと言う苦労人タイプに感じる。

戦略眼もありますし、史実としてそういう展開で
ローマ軍を苦戦させたと記述もある。

けれど、このドラマでは戦術的な部分と周りの宥め役が目立つ。

周りの剣闘士が殺戮ばかり求めていて、
「お前ちょっと落ち着け」と宥めている姿が多かった。

それでもラストのグラッソス隊との死闘は、非常によかった。

最初の頃に違和感があった独特なカメラワークも、
気にならなくなっていてよかった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする