三国覇王戦記


先月リリースされた三国覇王戦記。

これが堅実なステトラジーで、貧富に差が出ていないので
続投プレイしています。


このゲームの良いところは有名武将がすぐ仲間になるのではなく、
そこそこの武将と雑魚武将が配下になっていき勢力を盛り立てています。


日本人ユーザーが多い為、海外勢との過酷な戦いにはなっておらず、
むしろ日本人らしく「地域争い」になっています。

「東軍」と「西軍」で分かれて争っています。

その派閥間で争いが飽和し、練習試合みたいなのが続いてます。
日本人らしい展開です。


雑魚武将は適当なグラフィックで割り当てられるのですが、
赤壁前に曹操に降伏した劉琮が刺青はいったヤンチャそうにデザインされています。
これなら荊州も明け渡さなかったような風貌です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする