サガ スカーレット グレイス 緋色の野望

サガ スカーレット グレイス 緋色の野望
昨年購入したが、なかなかやる機会がなかったサガ スカーレット グレイスをクリアした。
これでサガはGB SFC PS PS2全てクリアしてると胸を張れる。

ウルピナ
今回は主人公4人から選ぶので、とりあえず一番最初の質問で選択されたウルピナにした。
不思議ちゃんな性格で皇室が途絶えた帝国の四将軍の娘さんという事でお嬢様だ。

毎回、物語が落ち着く所でプレイヤーに画像のようにお礼を言ってくる。
正直何か得体のしれない怖さがある。

サガ スカーレット グレイス 緋色の野望
今回のストーリーは一言で言うと神からの試練だ。

全ての主人公におけるラスボスであるファイアブリンガーと呼ばれる邪神。
実は邪神ではない。

星神
むしろ、他の世界からきた神を自称する者達が世界の歴史を歪ませていた事が旅の過程でわかる。

ファイアブリンガー自身は人をこれまで見守ってきたが、星神に厄介払いされていただけだ。

けれど、ファイアブリンガーは歪まされた世界の理に反逆するわけではない。
むしろ、人の自立こそが本当の歩みになるであろうという節がある。
人を見守ってきた神が、試練を与え、自身の元に辿りつかせて鍛えてやろうというのが目的だ。

ファイアブリンガー
ゲームの大半はバトルの連続だ。
全シリーズで馴れているとはいえ、仕事明けとか2戦くらいするともう眠くなってしまう。

子供の頃はゲームの時間が限られていたので最少の戦闘数だった。
大人になってからは体力が限られているので最少の戦闘数になった。


ちなみにファイアブリンガーは2.3回倒しても立ち上がってくる。
もうこうなってくるとゲームを楽しむとかではなく、やるかやられるかだ。

なんとかラストバトルには勝てたが、しばらくサガはやめておこうと思えた。

時間だけがすごい消化されるからだ。

スマホでやっているロマサガ リユニバースもデータ連携し、そっとアンインストールした。

どうせ忘れたころにやりたくなる。

それもまた人のサガだからだ・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする