エピソードⅣ外伝 ローグ・ワン

スターウォーズ エピソード4「新たなる希望」の前日譚
「ローグ・ワン」
公開当日である2016年の12月16日見に行ってきました。
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー (字幕版) -
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー (字幕版) –
観客は自分含めて7人。当日なのに少ない人数でした。
雪で交通状態が最悪で、平日なのもあったのでしょうか。
席は最後尾のど真ん中と、個人的には
ベストポジションをゲットして悠々と見れました。
内容は、最新のものだけあって、間違いなくシリーズで最高の宇宙戦でした。
規模は局地戦だったし、軍隊的には作戦も厭戦気分から情熱で
発展した戦いだった為、大きな戦いではありません。
Star wars スター・ウォーズ Imperial Star Destroyer 9057 インペリアル級スター・デストロイヤー、組み立て代のモデル by Zvezda LLC model kit -
Star wars スター・ウォーズ Imperial Star Destroyer 9057 インペリアル級スター・デストロイヤー、組み立て代のモデル by Zvezda LLC model kit –
しかし、デストロイヤーにデストロイヤーぶつけたりとすごい戦いでした。
最も印象に残ったキャラは今回初めて登場のK-2SO
S.H.フィギュアーツ スター・ウォーズ K-2SO 約175mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア -
S.H.フィギュアーツ スター・ウォーズ K-2SO 約175mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア –
しっかりバトルキャラで役に立ちます。
ノリ・ツッコミもいいキャラなんですが・・・
全滅エンドなので、バッタバッタ死にます。
キャラクターも立ってきた頃に皆死んでいきます。

正直、メイン2人(ジン、キャシアン)は、
生き残ってくれても良かったとは思います。
index.jpg
しかし、ならず者たちが次へと繫げることで、
エピソード4のデス・スター破壊に繋げられる・・・
前日譚としてはすごく綺麗で、後半も勢いがあってよかった。
001.jpg
欲を言えば最後のダースベイダーのアクション、
もっと体をフルに動かして欲しかったです。
手首くるくるまわしているだけで倒せる相手なのはわかりますが・・・
ARTFX+ STAR WARS パルパティーン皇帝 with ロイヤル・ガード 3パック 1/10スケール PVC製 塗装済み簡易組立フィギュア -
ARTFX+ STAR WARS パルパティーン皇帝 with ロイヤル・ガード 3パック 1/10スケール PVC製 塗装済み簡易組立フィギュア –
なんというか、エピソード6を25年位前に父親と見ていた自分としては、
視点が完全に変わっていて、帝国側のストームトルーパーさんや
ロイヤルガードさん達は何を生きがいとして生きているのか。
疑問に思って見ていました。
働く環境というか、生きていく上での向上心というか、その辺について。
任務は忠実にこなすが人間臭さがなく、ドロイドである
K-2SOの方が人間臭いのだから皮肉な物だと思いました。
今の世の中に足りてないものをドロイドの方が持っていました。
K-2SOの散り際の必死さと、別れの言葉には涙が出ます。
見に行ってよかった。
やはりスターウォーズ系は映画館で見るに限ります。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする