マーセナリーズブレイズ 黎明の双竜

マーセナリーズブレイズ 黎明の双竜
戦乱により移民を受けた王国で退去しない移民への差別が増加。

王国民の青年と移民の青年が、差別と陰謀に立ち向かっていく物語。2000円で購入。

マーセナリーズブレイズ 黎明の双竜
暴徒と化した移民を収容所に送り、日銭を稼ぐ傭兵団というのが主人公の立ち位置になる。

マーセナリーズブレイズ 黎明の双竜
実際には収容所で人体実験と非道な事が行われている事が発覚。

マーセナリーズブレイズ 黎明の双竜
国の大臣がバリバリの国粋主義者で移民狩りとかしちゃってる。

ここで分岐があり王国民の青年が対応した場合と移民の青年が対応した場合とで話の流れが大きく変わる。移民の青年が下した答えがストレートで別のルート辿ってからやり直した時はちょっと驚く。

マーセナリーズブレイズ 黎明の双竜
黒幕もこちらの行動が変われば過程が変わる。

大臣が移民を集めて実験していた結果の力を得るか。移民との抗争で集めた力を使うか。の2種類で姿も変わる。用意されたルートは2つあるのでストーリーも変わっていく。

マーセナリーズブレイズ 黎明の双竜
エンディングとしては、影の薄いヒロインとイチャコラで終わるか。

マーセナリーズブレイズ 黎明の双竜
移民の友人と共に別々の道はあれど、いつかは繋がる道か。個人的には本筋のストーリーにも合致してる後者がおすすめ。

マーセナリーズブレイズ 黎明の双竜
この友人とのエンディングでさらりと流れるこの文章に少しだけ感動した。対立を経てどこか素直になれない移民の友と共に年月の経過に辿りついた答えは些細なものかもしれないが、道のりを想像すると響くものがある。

ゲームとしては戦闘中に会話があればもう少し雰囲気が変わる気がする。現状だとバトル前後のシナリオを紙芝居的に見てCPU相手に寡黙に戦っている感じで、ゲームの中で登場人物同士が掛け合いや競り合いをしている感が薄い。全体に薄味だけど最後の老兵のくだりは純粋に良かった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする