星間都市山脈 オリュンポス 空想切除

前回はこちら


人類悪との遭遇を退けて、オリュンポス攻略は進む。
敵が巨大メカならこっちも巨大メカだと言わんばかりに巨大メカで対抗。


異聞帯の王、ゼウスの前ではあっさりと敗北。

しかし条件に沿って出現したグランドランサーや軍神の加勢もあり、ゼウスは撃破。


しかし、ゼウスを倒したことで隠されていた原初の神カオス(混沌)が出現。
打倒するべく、人の英雄、宮本武蔵が立つ。


バガボンド世代には最初、宮本武蔵が女性化。は少し抵抗があった。
実はこれを今作の宮本武蔵も言っており、いくつかあった可能性の宮本武蔵。
異聞の宮本武蔵であることを自身で告げている。

今回の異聞帯が始まる前、亜種特異点から時折同行していた宮本武蔵。
女性だからという違和感は気づけば、なくなっていた。
長年の同行により、仲間としての宮本武蔵が確立していた。


最後の花道。
命を燃やして混沌を斬り宮本武蔵消滅。


異聞帯の王は消え、クリプターのリーダー キリシュタリア・ヴォーダイムが立ちはだかる。
あのオープニングのどや顔はこの時の為の顔だったのか。

目的は人類を皆、神にして可能性を広げる事。
魂の物質化を目指した、Apocryphaの天草四郎よりスケールがでかい。


なんとか倒すも、突如現れたベリルによる不意打ちでキリシュタリアが致命傷。
ベリルも背信する気はなかったが、皆が神になってしまう世界。
それでは人が丈夫なので、人殺しが楽しめないという理由で妨害をしてきた。


そして、異星の神も降臨
キリシュタリアが空想樹の中に神霊サーヴァントを潜ませていた事でを防ぐ計画も頓挫した。

この場において、異星の神、ブリテン異聞帯、カルデア勢。
そして人として人を神にする事で可能性を広げようとしていたキリシュタリア。

それぞれが入り乱れる状況。
命を反保にしていたキリシュタリアは契約を切られ半死。


結果として、ベリルは遭遇した人類悪とブリテンに逃亡。
異星の神はキリシュタリアの大令呪によって退けられる。
キリシュタリアは絶命。

全てが終わり、追いかけてきたキリシュタリアのサーヴァント、カイニス。
互いに恨みはないが、義理を果たそうとする迎え撃つカルデア。

キリシュタリアの最期の言葉
亡くなったキリシュタリアの最期の言葉は、完璧性を求めた結果ではない。
不完全な存在の人達、頑張れない人達ですらも皆、頑張っている。
絶対の答えではなく、自信がある人間の没落と奈落で救われた経験があるからこそ持った強さだ。
人としての尊さを持つが故に、ベリルの殺人性なども受け入れてるように感じた。
頑張れてない人だって頑張っているのだと。

誰しも皆、人間は頑張っている、と。

傲慢さはない、人として伝えたい言葉だけのように感じた。


星間都市山脈 オリュンポス 空想切除。

これまでの戦いが一区切りがついた感じがする。
本当の敵というより本当に戦うべき理由を取り戻せた感じだ。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする