創世滅亡輪廻 ユガ・クシェートラ 開幕

ここ数日、特に際立ったイベントがなかったFGO。
6月15日21時に満を持して、4つ目の異聞帯が開幕となった。

創世滅亡輪廻 ユガ・クシェートラ 黒き最後の神 開幕
潜行した先に待つ空想樹は、鮮やかな空に佇み、枝までつけている。

スカンジナビア・ペペロンチーノ
この異聞帯のクリプターは、スカンジナビア・ペペロンチーノ

令呪が綺麗に左右対称になっている事からも大きな歪みはないと思われる。
また、これまでの発言からもかなりの良識派で、人を案ずるタイプである事も見受けられる。


ペペロンチーノは、CMでも窮地に駆けつけた仲間張りのウインクをしている。

始まる前から妙な安心感と共に、これまでより危険なクリプターではないようだ。
相手に話が通じそうなので、謎である部分が明かされる期待感が持てる。

創世滅亡輪廻 ユガ・クシェートラ 黒き最後の神
しかし、待っていた世界は神の裁きで死ぬ世界。
童女が笑顔で死を受け入れている、歪(いびつ)な世界。


世界が破壊され、新たに創造されるという思想を極めた世界のようだ。
4度の周期をもって世界が滅び、都度構築されている。

創世滅亡輪廻 ユガ・クシェートラ 黒き最後の神 開幕
それでも、これまでよりカルデア勢も環境が整った分、十分な戦力ができていた。・・はずだった。

だが、早々に第3異聞帯で共に戦っていたサーヴァント一体が撃破され消滅。

創世滅亡輪廻 ユガ・クシェートラ 黒き最後の神 開幕
待ち受けていた黒き神とは、インドのなんだかすごい力を統合。
何度も破壊と創造を繰り返せる力を持つに至ったアルジュナだ。

創世滅亡輪廻 ユガ・クシェートラ 黒き最後の神 開幕
たまたま破壊の周期時にきてしまったのもあって、全員が世界諸共滅されそうになる。
けれど、施しの英雄が文字通り身を挺してカルデア勢を庇う。

創世滅亡輪廻 ユガ・クシェートラ 黒き最後の神 開幕
虚数空間に潜行するまでの時間稼ぎをしてくれるカルナ。

Apocryphaで絶大な力を映像で見せてくれたあのカルナが数秒しか稼げない難敵だ。

創世滅亡輪廻 ユガ・クシェートラ 黒き最後の神
世界を破壊した後は、創造を行う黒き神。
なんという破滅的な蛮行。生産性が全くない・・・

と思いきや、

創世滅亡輪廻 ユガ・クシェートラ 黒き最後の神 開幕
新たに創造された花咲ほころぶ世界では、怪我をしていた犬が存在事、削ぎ落されて世界が再構築されていた。

不要なものを取り除き、何度も構築し直す事で最善へと至る。

という考えらしい・・・これが、タイトルの創世滅亡輪廻なのか。

創世滅亡輪廻 ユガ・クシェートラ 黒き最後の神 開幕
そんな異聞帯の王の考えに、クリプターであるペペロンチーノも早々に見切りをつけ一時加勢となった。

話が通じる相手な分、流れがいい。

けれど、良識がある人間は責任と立場もわきまえているので、後で別な形で対立しそうな気がする。

創世滅亡輪廻 ユガ・クシェートラ 黒き最後の神 開幕
なにはともあれ、「創世滅亡輪廻 ユガ・クシェートラ 黒き最後の神」開幕だ。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする