ラスト・キングダムとヴァイキング

休日なのでNetflixで「ラスト・キングダム」を再見していました。

The Last Kingdom Season 1&2 [Blu-ray Region Free](海外inport版) –
アルフレッド大王が全盛期の時代のドラマです。
架空の人物を主役に据えて、当時のブリテンを民族別の見解で捉えています。
別枠で「ヴァイキング ~海の覇者たち~」という海外ドラマがあります。


「ヴァイキング ~海の覇者たち~」はアルフレッド大王が
最近「生まれた」ばかりなので、ラスト・キングダムの過去にあたる話です。

一人の屈強なヴァイキングが、略奪先を変えたことを転機に首長を倒し、
王を倒して、のしあがっていく話です。

ヴァイキング ~海の覇者たち~
こちらはヴァイキング達の圧倒的な強さが素晴らしいです。

川から上陸しての戦いで圧倒的に不利な戦場です。

掃射された弓は盾で防ぎ、卓越した戦術や戦略ではなく、
船を自在に操って徹底的に略奪します。

不利で負けるのではないか?と思う場面がありますが、
ヴァィキング達の個々の強さが卓越してるせいで、問答無用で大体勝ちます。

死んだらヴァルハラにいけるので、戦いで死ぬことに迷いもありません。

それから数年経つ「ラスト・キングダム」も
ヴァイキングたちの権勢は存続しています。

アルフレッド大王も手こずっています。

ヴァイキング ~海の覇者たち~
は、

イングランドの略奪とフランス侵略がメインです。

ラスト・キングダムは、分散されたイングランドの統一が
今後メインになるのでしょうか。

当時のブリテンはローマ帝国が放棄した後、
色んな土地からの民族との争奪が続きます。

最近の海外ドラマは色んな所で色んな話は展開していますが、
紐解くと、一つに繋がっていて面白いです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする