Kingdom Come Deliverance

Kingdom Come Deliverance キングダム カム デリバランス
1400年・・・ボヘミア王ヴェンセスラウスの政治がふわふわしている時代。
銀が発掘できる鉱山を抱えたスカリッツは、王弟シギスムントに襲撃を受ける。
この襲撃は兄王を捕縛し、自身が次の王になる為の政治的な思想が強かった。

Kingdom Come Deliverance キングダム カム デリバランス
そこに鍛冶屋の息子として、父母に愛されて育ったヘンリーは全てを奪われる。
父母を目の前で殺されて、その日に父と鍛錬した剣も取られてしまう。

画像は剣を奪った相手・・・傭兵との戦いだが、無茶苦茶強い。
しかも、一対一のシナリオバトルなので逃げれない。
これまでまともに剣の教練を受けないで、不意打ちや夜襲ばかりのプレイスタイルだった。
この戦いで一時間くらい、ひたすら斬り結ぶ事で、このゲームにおける戦いを学ぶ。

Kingdom Come Deliverance キングダム カム デリバランス
主人公の村を襲った案件とは別で追いかけていて復讐相手の一人を打ち破る。

Kingdom Come Deliverance キングダム カム デリバランス
ちなみに一人で攻めて無双したとかではなく、一人で拠点を探索。
調査し、上長(スカリッツの領主と客分としてき別の都市ラッタイの領主)へ報告。
人員を揃えた上で攻めている。

敵は盗賊くずれの傭兵。
こちらはスカリッツの若者や騎士。
更には領民を受け入れてくれた都市や、直近の都市の混成軍だ。

Kingdom Come Deliverance キングダム カム デリバランス
後半はさらに敵の軍勢が増えており、軍をまとめて遠征をしたりする。
最初は貴族が馬で、徒歩で追いかけたり、ただの使いパシリだったヘンリー。

Kingdom Come Deliverance キングダム カム デリバランス
そんな雑草がずっと戦い続けた事で、一部の若者から支持され、馬を賜り、栄達を重ねていく。

Kingdom Come Deliverance キングダム カム デリバランス
軍勢対軍勢も面白いが、途中で敵対勢力に城を奪われて、敵に籠城される場面がある。
こちらも投石機開発したり、夜襲をかけたりと、色々な対応をする。

Kingdom Come Deliverance キングダムカム デリバランス
ここの夜襲が失敗するけど、軍勢そろえて指揮官側として参陣するがこれが面白い。

Kingdom Come Deliverance キングダムカム デリバランス
全てが終わりスカリッツの領主と話をする。
ゲームは大変面白いが、本作中では両親の仇はとれず、奪われた剣は取り戻せない。
起承転結の起承で終わる

Kingdom Come Deliverance キングダムカム デリバランス
亡父と夢を見て寂しいさを告げるヘンリー。
意志は伝わっていく事を伝える亡父。
ここの景色と会話はとても綺麗だ。

Kingdom Come Deliverance キングダム カム デリバランス
別れを告げる養父。
かつて共に過ごした村から離れた草原の夢。

Kingdom Come Deliverance キングダムカム デリバランス
エピローグ。
夢から醒めた後はこれからの事で会議を実施する。
騒乱を治める為、現国王である怠慢王ではない、王について。

Kingdom Come Deliverance キングダムカム デリバランス
夢の中で亡父と出会い憎しみを忘れるように言われているヘンリー。
憎しみの炎は少し静まっているが、完全に消えない。
新たに任じられた任務の為、任地に向かう。

Kingdom Come Deliverance キングダムカム デリバランス
しかし、ここからのチェコは地獄だ。
作中でも噂が上がるヤン・フスの死を契機に何年にもわたる民族抗争が始まる。
ボヘミアの人口は減り、安寧のない日々が続く。
物語冒頭で村を壊滅させた王弟シギスムントもフス派に何度も破れる。
最終的に王位に就くシギスムントもついぞ、確定的な覇権を握れないのが約束されているのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする