かっぱが地下で泣きながら寿司を握る時代は終わったのでしょうか

会社の人から外食が好きだと思われているようで、
「かっぱ寿司が最近変わったように感じるから見てきて欲しい」
と言われました。

早速見に行きました。
DSC_0078.jpg
まずはアナゴです。身は大きく切られていました。

DSC_0076.jpg
油そばです。
これ系はネギとかもっと少なかったと思います。

DSC_0075.jpg
塩ふりあぶり系ですが、これはおいしかったです。
軽くあぶられているのですが、塩味があって夏にはいいです。

DSC_0079.JPG
そしてかっぱ寿司と言ったらジャンクフード代表系の寿司がいっぱいあります。
これは確かチーマヨなのですが、マヨネーズの量が明らかに増えていました。
あまり食べるとマヨネーズきつくなる量です。

そして、なにより
シンボルマークからも可愛らしいかっぱが消えています。

以前までかっぱ寿司の地下では、かっぱが泣きながら、
奴隷のように使役されて寿司を握っているという噂がありました。
食べるときはそのかっぱの姿を思い浮かべながら食べていたのですが、
彼等は解放されて、今はもう自由に川を泳いでいるのでしょうか。
youkai_kappa.png
流れる寿司を見て、ふと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする