Frostpunk 極寒と絶望を潜り抜けられるか

Frostpunk 極寒と絶望を潜り抜けられるか
現実の時間が瞬時に流れてしまう恐ろしい極寒サバイバルゲーム。

極寒の寒波が迫り、資源も人もいない状態から始める街づくりと終始一貫して漂う絶望との葛藤。人々が挙げる不満である「寒い」「飯がない」「怪我をした」これらの最初は些細な問題が、やがて大きくなる前に対策を練っても下がり続ける気温に人間は勝てない。一つの問題を解決した時には、使用した資源の枯渇により、別の問題が複数になってしまう時があるからだ。

不満をあげられた際、安易に「解決をする」という言葉を使ってはいけない。

Frostpunk 極寒と絶望を潜り抜けられるか
それでも人が暮らせる場所として認識されてくると、難民が押し寄せてくる。

住民が増えるのは生産性も上がるが、同時に消費も呼び起こすので、食料や燃料の枯渇を呼び起こす。「難民」というシナリオでほぼ毎日難民が押し寄せて来た時は、増える人口に住居の建設が間に合わずマイナス70℃の野外で人が寝ているような地獄になってしまったりする。そのまま起きない人も多い。基本的に舞台が凍土であるので、人間が労働力足りえるのは中盤以降の気温では難しい。寒くなると人は死亡したり、怪我人が増える仕様になっている。

Frostpunk 極寒と絶望を潜り抜けられるか
そこで活躍するのがオートマトン。

全自動の作業ロボットだが、燃料さえあれば24時間活動してくれるので、街の中心街から外れた寒い採掘場などでは特に重宝する。一つ作り上げる為の時間や資源が手間だが、それでも絶対零度下での作業効率はかなり高い。

Frostpunk 極寒と絶望を潜り抜けられるか
人々は簡単に希望を失い、不満を上げていく。

安定した街づくりと並行して、資源や他の生存者探索を進めるチームによって、壊滅した街などの情報が入ってくる。そうなると人々は見えない未来に希望を失っていき、遂には反徒になる者も出てくる。ここで、選択肢が秩序(取り締まり)か宗教(精神論)で街を統括する上での手段分岐になる。

Frostpunk 極寒と絶望を潜り抜けられるか
しかし、どちらの選択肢もあまり極めすぎると、人々への統治方法が支配に切り替わっていく。

生き残っていく上で、支配性が必要な場面もあるが、極めてしまうと人口の増減が激しくなる。程々の使い分けが大事になってくる事が何度もプレイしているとわかってくるのが面白い。制度の特性を把握する事と適切な判断と見栄を張り過ぎずに、出来ない事は出来ないとはっきり言う事が大事であったりと現実に通じる所が多々ある。

Frostpunk 極寒と絶望を潜り抜けられるか
勿論、統治者なり支配者なりであっても事実の隠蔽が必要な場面も出てくる。

ちなみに素直に民衆へ不利益な事を話しても何も上がらない場面が多い。人は綺麗事だけでは生きていけない。

Frostpunk 極寒と絶望を潜り抜けられるか
最終的に気温はマイナス150℃までいき人が労働するのすら難しい環境が迫ってくる。

オートマトンも寒さで資源の供給路の管理が難しくなったりして、資源の採掘と運用ができなくなったりする。そこで人による決死隊を作って環境を整えたりする場面がある。決死隊なので普通に全滅したりして、それらの過程を経て街はなんとか生存する事が可能であったり、可能でなかったりする。

エンディングではこれまでの進行について選んだ選択肢に対しての辛辣な批判テロップが流れるが、どのように犠牲を少なくして困難を乗り越えて行くかが評価されて、最後にこう問われる。

「しかし、それだけの価値はあったのか?」

Frostpunk 極寒と絶望を潜り抜けられるか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする