Fate/Grand Order 異聞帯開幕


2016年末に全ての戦いを終わらせ、
2017年にそこから逃げ出した魔神柱も討滅しました。


査問に来た魔術協会の人間とは別に、教会側として現れる言峰。
第五次聖杯戦争が発生していない世界ですので、年齢は40代差し掛かっています。

笑顔がある事からも多分、自分の歪みを抱えたまま
そのまま月日が流れている事が窺える為、登場時点で危険性しか感じません。


案の上、査問終了と共に現れるロシアのオプリーチニキ。


そして悲劇の皇女アナスタシア。
ツァーリとは、オプリーチニキ率いてる事からもおそらくイヴァン雷帝でしょうか。


多勢に無勢。
逃げようとしますが、案の上・・
言峰がこれまでずっとナビゲートしてくれた英霊を殺害。


人が英霊を殺せるのか。と言われれば
HFでの真アサシンに対して戦い方や、Zeroでの切嗣戦でわかる通り、
全盛期ほどではないですが、不意打ちであれば英霊に対抗できるだけの力は有しています。


それでも手刀で貫かれた英霊が足止めしてくれたおかげでコンテナに乗って逃げます。
それも、長距離で狙撃されたりします。


コンテナの中から戦車が出てきて、更に逃げます。
周囲の状況が判明するにあたり、カルデアが・・・


南極にある事がわかりました。


これまで時間移動に使用していた設備も文字通り凍結。


そして空から降りてくるサイヤ人。


ではなく、人理焼却を防ぐために結成されていたAチームの面々。
『クリプター』達。

これまでは過去の英雄達。
神々との戦いが大規模に展開されていましたが、
ここからは英霊を従えた人間が相手です。

正しく、第二部らしい展開。
改めて、世界は隔たれて焼却ですらない分断された異世界達が新たな敵です。
何事においても、本当に厄介なのは人間ですから、ワクワクします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする