ファイナルファンタジー7 REMAKE

FINAL FANTASY VII REMAKE
FINAL FANTASY VII発売から23年。ずっとリメイクの話が挙がっていたFINAL FANTASY VII REMAKEが遂に発売された。当時の自分は小学生で今は30過ぎのおっさんだ。

セフィロス
作中で都度現れる主人公クラウドの宿敵セフィロス。

セフィロスコピーとは別にしても、旧作と比べて明らかな過剰接触が多い。旧作通りの流れを維持しつつも、合間合間でクラウドに対してコミュニケーションをこまめに取ってくる。旧作プレイヤーにとってはカラクリが紐解かれている分、謎がないのにおかしな行動が多く、また旧作の記憶を見せてきたりもする為、明らかに目的が変わっているように感じる。

FINAL FANTASY VII REMAKE
今作の舞台であるミッドガルは神羅が圧倒的経済力で全てを牛耳っている。

プレートの上層部と下層部での格差社会だが、役職ついてる人も下層部から出勤していたり、電車に揺られながら反組織と同乗していたりと変な所で生々しい。

神羅側にとってメディアやネットワーク
神羅はメディアやネットワークすらも提供する側としての強みがある。

情報は管理統制され、供給するエネルギーも管理している。一方でプレートの上層部だからと言って裕福であるのをあまり感じられない。裕福過ぎない社会になるようコントロールされているのか、元々が貧困な世界だから一部が突飛な発展をしているのか。どちらかはわからない。

FINAL FANTASY VII REMAKE
後半プレートを上がって夕焼けの中、戦闘続きの場面。

背景の夕焼けが綺麗で一つ一つの景観が素晴らしく、戦闘を背景で飽きさせないようにしている。

FINAL FANTASY VII REMAKE
なんとか長い道のりを経て、そびえたつ神羅ビルに辿りつく。

ここからはピタリと戦闘が止む。ビル内で神羅の歴史と語られる所など探索できるようになり、その過程で前述したセフィロスの干渉なども発生したりしており、一気にミステリーさが増す。クラウドの同期入社の人とかも登場したりして歴史の大元は同じだと言う事も再認識できる。

FINAL FANTASY VII REMAKE
今回はプレジテント神羅がただの太ったおっさんじゃないのがよかった。

野心的で狡猾且プライドの高さがよくでており、黄金銃に対しての圧倒的な自信などからも当たれば死ぬ銃だろう。

FINAL FANTASY VII REMAKE
一番印象的だったのはエアリスと再会した時のクラウドの涙だった。

旧作で古代樹の森に一人消えるエアリスの場面と周囲が類似したのもあってか無自覚に涙を流す。エアリスが刺された場面がフラッシュバックしていたりもしており、時間が巻き戻った世界なのか。それとも新しく目的があってやり直された世界なのかはわからなくなる。最後の方でプレイヤー次第で運命を変える道が選ぶ事になるがこれから待っているのは、知っているけど似て非なる世界らしい。第一部完でおわってしまった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする