コロナによる会社都合退職に至るまで

コロナによる会社都合退職までの経過を記載する。

2020年4月17日 出向

コロナウイルスを言い訳にして人件費を削減しよう
コロナウイルスの影響で、社員の半数以上が出向になる事になった。

コロナウイルスという建前だが、実際は経営がうまくいってなかった。
原因として大きく考えられるのは、取引先相手に保証金システムを導入していた。
この保証金を支払う金額が膨れ上がってきたというのもある。

コロナウイルスを言い訳にして人件費を削減しよう
もちろん、コロナウイルスの影響で消費者がいなくなっているという背景はある。
ただ、これまで単純に考えなしで補償金を出費しすぎた。

更に知名度上げる為にとにかく拡大化するという流れが出来ていた。
融資を受ける為に拡大するのはいいが、中身が未熟なままだ。


そして未払いが発生する。

更には「丁寧なサポートサービス」を前提にしていたが、ほぼ素人の寄せ集めだ。
夢物語ばかりで固定費度外視で話をするものだから頭が痛かった。

営業も素人。オペレーションも素人。経営陣も素人。
ただでさえドロドロの業界で、財政難でえげつない取引先が多いのに、総じて幼稚だ。
その幼稚さで足元を取られる。

契約時の説明不足、国内向けではないキャッシュフロー、外部サービスの把握。

未払いが加速し、コロナの影響もあり、破綻した。

2020年5月1日 全員帰休

一時帰休の時だからこそ筋肉と語ろう
コロナウイルスの影響で一時帰休となる会社も多い。
自分の会社も今月より8割、帰休となった。解除の見通しはつかない。

4月30日にその帰休の説明会があったが、非常に殺伐としていた。
予測出来てなかった人達がわめいてるだけにも感じた。


給与は法律に則り、一ヶ月の60%だ。
それに対して「家賃が払えない」「家族にどうする」と声が挙がった。

一時帰休の時だからこそ筋肉と語ろう
かのホウサク氏もこのように述べている。

折角時間あるのだから、筋トレでもしたほうがいい。
そんなわけでどうぶつの森と並行してできるようにFit Boxingを購入してきた。


折角の休みなのだからゲームと筋トレするしかない。

2020年5月13日 北海道


5月15日(丁度誕生日)までに希望退職が募られて一次締め切りとする事になった。
様子を見ようと思っていたが、先に北海道が駄目になった。

元々、外資ゴロのような人間が営業とオペレーションのトップにいたのだけれど早々に退職。
役に立たないだけならいいが、無自覚に被害拡大も促していた側面もあった。

残された側は、根性論差し引いても手に負えなくなっていた。
コロナの影響を直で受けていた北海道が無人のオフィス化。
東北の抱えている問題とは別だ。
北海道は広い上に人も来ないような場所に取引先が多い。

こうなる場合も含めて、1月に北海道へ行く話をリーダーに促してはいた。
そのリーダーもこの騒動が起きる前にリーダーを抜けていた。

2020年5月31日 崩落のステージ


帰休、最終出勤日となる5月31日。
案の上、出向の話も退職者を煽る事でなくなっていたようだ。
数百人単位で出向だなんて、あまりに現実的ではない。
これまでの粗雑さから予想できる範囲内ではあった。

そもそもとしてホスピタリティが求められる仕事だ。
こちら側が「楽しい」「楽しくない」を大前提にしすぎている人が多い。
提供を促進する側なのに、受ける側視点だ。
毎回飲み会をする度にSlackで写真を流してくるパリピ勢だ。

そんな折に
「給与数か月分の退職金と会社都合退職」と「数か月先まで解除されない帰休と無計画」
この二つを選べという選択肢が出された。


縁故にしていた取引先の人達の顔がちらついて、苦しい。
本当に悩んだが、情で仕事してプラスになった事が一度もない。
地域的に考えても、仮に帰休が解除がなされても北海道の負債がくる。
・・・退職する事にした。

その後、元リーダーの人が「逃げんな 捨てんな」と言っていた。

最初に逃げた人は誰だったのだろうか。
悔いとわだかまりは残る。

だが、個人間の感情以上に、会社が給与を社員へ払う気がなくなっていた。
それを公言した事で社外の労働組合に今も弾劾されているようだ。
総じてガス抜きというか茶番に見える。


この業種自体は過去の焼き回しだった。

少しだけ取り戻したいものがあった。
結論としては取り戻せない事がよくわかった。

給与所得だけはよかったので、当面の生活に苦しむことはない。
けれど、ここ数年で副業なしでやるくらい全力だっただけに脱力感はある。

やはり自分のやりたい事は自分の力でやるしかない。
ボーナスステージだったと思う事にしよう。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。