アークザラッドR 黒騎士と神の手

前回はこちら


古の七勇者ゴーゲンによって、敵の正体をおおよその概要を知る一行。
「根源の神」ではなく「改ざん者」として相手の立ち位置を見定める事ができた。

旧作と同じく、世界各地にいる精霊に会う事で打開策を取ろうとする。


そこに黒騎士・・・改ざん者自らが立ちふさがるが、ヒロインのミズハが足止め。
ゴーゲンから得た情報と、精霊の鏡の力でなんとか今回初めて退かせることができた。


黒騎士を退けた事で始まるアークザラッド恒例精霊巡り。
今作はないから安心していたが、そんな事はなかった。

水、風、光、火、地。

20年も前に旧作1.2.3でも同じことをさせられたことを思い出す。


最後の精霊の所で遂に黒騎士と同じ空間にいた集団「神の手」が立ちふさがる。
その正体は瘴気をまとった3000年前に人類を滅亡の危機から救ったとされる古の七勇者の一人バルダだ。


フリーザのデスボールみたいな技に全滅確実!感が出る。

しかし、アーク1.2で活躍したイーガとサニアが足止めしてくれる。
イーガはアーク2でコンバートしいてると全体技がいい感じのおっさんだった記憶がある。
このコンビも懐かしい。


敵もラマダ寺院同様、拳法の先達であった経歴もある為、手心を加えて退いてくれる。

この後、目的である土の精霊とも邂逅する事が出来た。
全ての精霊を揃えた事でようやく黒騎士への対抗策を得た事になる。

黒騎士と神の手のメンバーとの関係が、上下関係ではない何かがである事を窺える。
互いが何らかの超越的存在ではあるが、黒騎士をベースとした計画ではないようだ。
最終目的が別にあるようだ。

具体的な目的がよくわからず、状況が推移しているようにも感じる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする