アークザラッドR 黒騎士アーク


アークザラッドのスマホゲームがリリースされた。初期時は戦闘がスローな上にオートが実装されていなかった為、様子見をしていたがGWで暇つぶしにプレイしたら良い意味で驚きの展開が続いた。


かつてアークザラッドⅠとⅡで世界の為に自分を犠牲にして亡くなってしまった主人公アークが再登場。今作では黒騎士と名乗り、かつての仲間達の前に立ちはだかってきた。アークはもう20年も前に死んだはずのキャラクターで、アークザラッドⅢでも確か精霊的な立ち位置で一瞬出たりはしていた。何故今更になって蘇ってきたのだろうか。


かつてのアークたち一行の旗艦シルバーノア。過去作でゲーム的な象徴でもあった空艦だ。ロマリア付近にあったものを回収する事になる。ここでこれまであった違和感がより鮮明になる。ロマリア付近はアークザラッドⅢでアカデミーという科学集団が拠点にしていた。それなのにシルバーノアを放置するものか?そもそも周囲の状況が違い、神獣の存在含めて以前と世界観が違う。どうにも3とは時間軸が違うようでアークザラッドⅡ以降、アークザラッドⅢの歴史にならなかった場合、何者かの干渉があった世界のようだ。恐らく干渉してきたものはかつての収益の採算を目論むSONY・・・・


新たなる勢力としてアルディア帝国という国が猛威を振るっているようだ。アルディアだけなら前作から存在していた。ただ、闇黒の支配者が起こした大崩壊で地形諸共世界情勢も変わっている。そもそもの大崩壊の規模状況が違うようだ。


キメラ兵まで利用し世界統一を目指すアルディア帝国。かつての1と2で活躍した英雄達にも魔の手が及ぶ。今回はシルバーノアはあるものの主人公勢がしょぼい。ガチャの関係上、数が多いだけの烏合の衆にしか見えない。反面、かつてのアーク一党は頼りになりそうだし感性が豊かな子供の頃にプレイした分、思い入れもある。


そしてピンチの時は必ず駆けつけてくるアークザラッドⅡの主人公エルク。うぉぉぉお 体が熱い!(アークⅡでレベルが上がった時の台詞)かつて幼かった彼もアークのように頼れる兄貴分として、活躍してくれる。裏で敵の要塞破壊する為に艦隊作る段取りしていたりと、段取りが取れる大人になっていた。懐かしさ以上に時の流れを感じる。戦闘周りが少しだるいが、それも伝統といえば伝統。初期の頃よりオートが実装されているだけ良くなった。ストーリーが面白くて一気にやってしまった。これは続きが気になる。

「アルディアの皇帝」に続く

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする