麺家 一翔 京都背脂醤油ラーメン


メニューが少ない麺家 一翔に京都背脂醤油ラーメンという
新メニューが登場したと言う事で食べに行ってきました。

 


何を持って京都風とするのか?
疑問に思いつつも、背脂というのは日々の労働後に食するには魅力的。
ボリュームをイメージする上で大切なものです。

そしてチャーシュー丼・・・!
以前複数枚は言っていたチャーシューが大きく一枚になっていました。

 


刻まれたねぎが風味を増します。

ネギに直接辛味をりかけるとネギの風味を
より際立たせることになるのは初めて知りました。

 

麺は細麺です。
こってりしてそうな背脂が思いの外、
さっぱりした味付けになっており、くどくありません。

 

そして他のメニューの時にも感じていた上品さは・・・
より一層際立っており、脂=下品さのイメージを払拭。

上品を通り越して気高さすら感じました。
さっぱりした風味と背脂のくどさがマッチングして、
気高さが生まれている!

これは気高きラーメンです!!

 

関連ランキング:ラーメン | 長苗代駅

暗黒ホテル第08話「吐血の日々」

一人になっても色々ありました。フロントの裏で血を吐いてぶっ倒れたこともあります。結局誰もいないので2時間ほどしてからムクリと起き上がり仕事をしていました。(数か月後に通院した際、胃潰瘍であった事が判明します。)

麺屋やだら エビDAOKARA

一日置いてまたまたラーメン(つけ麺)です。夏はやはりつけ麺ですが、ここ連日は雨が酷く、少し肌寒い日が続いています。得ちゃんセット(お得セットの意味?)で頼んだので、チャーシューも四枚付いてきました。